期待していた小型Surface、マイクロソフトの回答は”Surface Go”なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 84

2018年8月に発売されたSurface Go。

小型の10インチタブレットに、Surfaceシリーズおなじみのキーボードカバーがついた2-in-1スタイルのモバイル端末です。


画像引用元:マイクロソフト

実際に触ってみましたが、確かに小型軽量、持ち運びにはとても便利そうです。

しかもSurfaceシリーズで培ったノウハウを投入したキーボードカバーの打ち心地もとても良く、出先あらゆるシーンでフルWindowsが使いやすくなるでしょう。

また、CPUにはPentium Goldが搭載されており、RAM/ストレージも4GB/64GBもしくは8GB/128GBと、すべてにおいて快適ということはないまでも、普段使いは快適にこなせると思います。少なくともATOM PCのような窮屈さは少ないでしょう。

明らかにiPad Proを意識し、近いターゲットを攻略しようと投入してきた、完成度の高いモデルだと思います。

ただし、ミニPCを愛してやまない筆者としては、「これが小型Surfaceについてのマイクロソフトの回答なのか…」と、複雑な思いが正直あります。

なぜか。

これまで小型Surfaceに関する噂では、下記にあるような3つのものが大きくありまして、そのうち「Surface Phone」の登場を、筆者は熱望していたからです。

これまでに出た小型Surfaceの噂 1.Surface Phone

1つめですが、これぞ筆者が熱望していた小型マシン、Surface Phoneです!


画像引用元:タブクル

どうですかこの魅惑のフォルム!

6インチくらいの大きめスマホに、Surfaceのフルキーボードがついています!

横向き左右のベゼル部はスピーカーになっており、ミニPCとスマホの間のような、実に物欲をそそる形状をしています。

筆者はこのSurface Phoneが登場すれば、間違いなく予約購入してSurfaceユーザーになっていたでしょう!

ただし、この噂は2018年にはとんと聞かなくなりまして、あまり確度の高い話ではなかったようです。

残念!

これまでに出た小型Surfaceの噂 2.Surface mini

2つめは、Surface miniという8インチタブレットです。


画像引用元:engadget日本版

本機はWindows RTがインストールされており、8インチで1440 x 1080解像度のディスプレイ、CPUはSnapdragon 800、1GB RAMという構成です。

ただ、これについては、噂を聞いてもほとんど食指が伸びませんでした。

格安中華タブレットのような貧弱なスペック、8インチという当時ありがちなサイズ感(今となっては若干貴重なポジションですが)など。

これなら、Surface Goの方がまだ何倍も実用に耐える魅力的な回答でしょう。

これまでに出た小型Surfaceの噂 3.Andromeda

これは、2019年にSamsungやLenovoも出すと噂されている折りたたみディスプレイを搭載した端末です。


画像引用元:すまほん!

興味はひかれます。何よりこれまでにない、新しいデバイスですから。

ただ、おそらくぶ厚い本体や、実利用シーンが思いつかないこと、そもそも他社で同様の端末が出る噂がたくさんある中で、特に物欲を刺激されるものではありませんでした。

そしてクラムシェル型のミニPCに愛を感じる筆者からすれば、入力で物理キーボードがない事からも魅力は感じませんでした。

まとめ Surface Phoneが出ないのは残念だが…

残念です。残念なんですが、Surfaceというのは、ある意味広く一般に受け入れられなければいけない使命を持った端末ですから、仕方ないとも言えます。

物理キーボードが付いたスマホで成功したものは、残念ながらありませんし…。

とはいえSurface Goは小型PC好きにとって魅力的な端末であることに変わりはなく、さらに実利用において満足度が高いことは容易に想像が付くため、気分が高まれば買ってしまうかもしれません。

買ったらレビューします。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする