ドスパラの「3万円で買える」最新の格安モバイルノートPC「Altair VH-AD3S」レビュー

ドスパラが、面白いノートパソコンを出しました。

それが今回ご紹介する「Altair VH-AD3S」です。

ドスパラのパソコンといえば、ゲーミングPCの「GALLERIA」が有名ですが、その「GALLERIA」を含め、「Diginnos」という統一ブランドの元に展開しています。

早速ハンズオンしてきましたので、ご紹介します。

まずは基本スペックから

スペックは、下記の通り。

  • CPU:Intel Celeron N3350
  • RAM/ストレージ:4GB/64GB(eMMC)
  • ディスプレイ:14.1インチフルHD非光沢ワイド液晶(1920×1080)
  • 拡張:USB3.0x2
  • サイズ(mm):333x222x18.1
  • 重量:1.37kg
  • 価格:29,980円+税

CPUがCeleron N3350で、性能は高くはありません。

Apollo Lake世代で、同世代・同条件でとてもざっくり言うと、AtomとPentiumの間、というイメージです。

そのため、ブラウジング、メールなどのライトな用途向けです。

最大の特徴は、14.1インチ液晶で1.37kgというサイズ感・重量と、税別3万円を切る超低価格です。

サイズ・重量でいうと、最新のMacBook Proが一番近いです。

幅が3cmほど長いこと以外は、奥行き・厚さ・重量などはかなり僅差です。

幅については、ディスプレイサイズがMacBook Proが13インチに対し、こちらは14.1インチなので、その分と考えれば納得です。

ベゼルも狭いため、野暮ったい感じはありません。

しかも、タッチパッドの左上に、指紋センサーがついています。

ディスプレイは、↓この通りかなり広く見やすいです。また、HD Webカメラも搭載しています。

残念なのはキー配列です。

↓の通り、Enterが1列分で、Backspaceが横長、右端にPgUp/PgDn/Home/Endが並び、左カーソルの左にバックスラッシュがあるなど、結構変則的です。

変則的なのはほとんどが右側の部分です。

左側はかなりオーソドックスです。

これは、広いタッチパッドを確保し、なおかつ横向きのゆとりを活用しようとした結果かと思いますが、好みは分かれそうです。

画面を閉じると、ロゴなど無く、メタリックなシルバー一色です。

とてもシンプルで、安っぽさはありません。

裏面はこんな感じです。

やはりデザイン面は、MacBookを意識しているのでしょう。

右側面には、MicroSDXCカードスロットとUSB3.0、3.5mmイヤホンジャック、充電用のジャックがあります。

このあたりの拡張性は、MacBookに勝る部分です.

左側面には、MicroHDMI、もう一つのUSB3.0、マイク穴がついています。

おわりに

いかがでしたか?

重い処理は難しくとも、ライトな使い方なら、Celeronの標準的な処理速度なので十分対応可能です。

何より税別3万円を切る価格と、十分な拡張性、チープさを感じないデザイン、持ち運び安さなど、魅力的な要素をたくさん持っています。

サブノートとして有力な選択肢になること必至の、よくできた一台ですので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする