「家電のケンちゃん」でMacintosh LC IIが展示中【iMacの直系ご先祖様】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 92

下記でご紹介した、ラジオデパートにある「家電のケンちゃん」

シリーズラジオデパートのお店とは 伝統的なパーツショップやジャンクショップの閉店ニュースが日々流れる秋葉原。 そんな寂し...

このケンちゃんで、珍しいマシンが展示してあります。

それが、↓です!

非売品ですが、Macintosh LC IIです!

また、筐体だけでなく、↓のようにSVGAモニタに出力して動作しています。

解像度は、800 x 600で、しかもモノクロ。

本体は非売品ですが、モニタの方は¥5,000円で売られているようですね。

ご存じの方も多いかと思いますが、実はこのMacintosh LC II、今に連なるMacにとって、重要な意味を持つモデルなんです!

iMacの直系のご先祖様

Macintosh LCの「LC」は、「Low-cost Color」の略と言われています。

このシリーズが出る前、カラー表示が可能なMacは、100万円近くするMacintosh IIシリーズしかありませんでした。

その後1990年に、低価格化路線をとったAppleが投入したのが、モノクロのモニター一体型の流れをくむMacintosh Classicと、このMacintosh LCだったのです。

Macintosh LCシリーズのコンセプトは、カラー表示可能で安価なMacです。

「ピザボックス」と呼ばれる、平べったい特徴的な筐体で、純正12インチモニタと横幅がぴったり合うように設計されていました。

そして、このMacintosh LCシリーズに、ソフトウェア、キーボードをバンドルして、「箱から出してコンセントに差し込んだらそのまま使える」ようにしたのが、Performaシリーズです。

Performaは、「持っていた!」という方も多いかと思います。

ローコストのMacintoshで、初心者やホームユース、教育市場向けとして発表されました。

Claris Worksなど多くのソフトウェアがはじめからバンドルされ、キーボード、マウス、モデムなどが付属していました。(それらは当時、別売りが当たり前でした)

この「箱から出してコンセントに差し込めばそのまま使える」というコンセプトは、他の多くのメーカーもその後追随しました。

そして、この「箱から出してコンセントに差し込めばそのまま使える」ホームユースの安価なMacintoshの正統後継が、スティーブ・ジョブズが出して有名になったボンダイブルーのiMacです。

今でこそiMacはそこそこなお値段がしますが、そもそもこれがヒットした理由は、「安くてかわいい」からでした。

その後は、このiMacもMacBookも、「ミニマリズム」と呼ばれる、アルミニウム削り出しの、今やおなじみのAppleのデザインに進化していったのです。

つまり、

「安価なカラー表示Macintoshとして登場したMacintosh LC」

に、キーボードやマウスをバンドルして

「箱から出したらそのまま使えるモニター一体型パソコンとしてのPerforma」

として進化し、それをさらに

「拡張性を削り落としてデザインをかわいくして、さらに低価格にしたiMac」

へと進化したというのが、現在のiMacの系譜です。


Macintosh LC II

このように、現在のAppleを象徴するプロダクトの一つであるiMacへと至る進化の系譜のご先祖様にあたるMacintosh LCシリーズの2代目が、「家電のケンちゃん」に展示してあるMacintosh LC IIなのです!

そんなことを考えながら展示を眺めると、きっと味わい深いものになると思います笑

おわり