GPD P2 Maxのクラウドファンディングがまもなく終了【一般販売へ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

GPD Technology社の8.9インチUMPC(超小型PC)であるGPD P2 Maxが、まもなく8/25 14:00頃に、Indiegogo上でのクラウドファンディングを終了します。

すでに1,570名から、1億円以上の出資を集めており、目標の約1,200%という、大成功を収めています。

GPD P2 Maxは、競合のOneMix3やChuwi MiniBookと異なり、タッチパッドを備えて若干大型である点が特徴です。

その特徴を活かし、キーボードについてもかなり自然な配列を実現している点は高評価です。↓

また、他のUMPC各社と同様、日本ユーザーを重視することを明言しており、蛍光の日本語ステッカーもついてきます。↓

現在クラウドファンディングIndiegogo上で出資を集めているGPD P2 Max。 iPad miniと同サイズの8.9インチで、...

競合各社が出荷を始める中、GPD P2 Maxも急ピッチで量産を前倒しし、すでに初期ロット分の出荷をスタートしています。↓

予定よりも早く7月にクラウドファンディングを開始していたGPD社の8.9インチノートパソコンであるGPD P2 Maxが、更に予定よりも早く...

価格は、下記の通り2種類です。

  • Celeron 3965Y/8GB RAM/256GB SSDモデル
    • クラウドファンディング:$529(約57,000円)
    • 小売価格:$635(約68,000円)
  • Core m3-8100Y/16GB RAM/512GB SSDモデル
    • クラウドファンディング:$705(約76,000円)
    • 小売価格:$842(約91,000円)

廉価版のCeleronモデルと上位モデルのCore m3で、カラーが異なります。

↓の通り、廉価なCeleronモデルがシルバーで、Core m3モデルがAmber Blackです。

スペックは下記の通りです。

※「/」をはさんで2つ並んでいるものは、左が廉価なCeleronモデル、右がCore m3モデルです。

  • カラー:Silver/Amber Black
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • ディスプレイ:8.9インチ(2560×1600)10点マルチタッチ IPS
  • CPU:Celeron 3965Y/Core m3-8100Y
  • GPU:UHD Graphics 615
  • ストレージ:256GB PCIe NVMe M.2 2280 SSD/512GB
  • RAM:8GB/16GB
  • Bluetooth:4.2
  • インターフェース:USB A x1, USB Cx1, 3.5mmジャック, Micro HDMI 2.0
  • バッテリー容量:9,200mAh
  • 稼働時間:約10-12時間(使い方による)
  • 重量:650g
  • サイズ:213 x 149.5 x 5.5-14.2 mm
  • 付属品:チャージャー(5V==3A, 9V==3A, 12V==2.5A, 15V==2A)、保証書、スペック表

クラウドファンディング終了後は、一般販売開始が待っています。

すでに日本のAmazonでも予約販売が開始されており、現在は9月15日出荷予定となっています。

↓は安価なCeleronモデルです。

Core m3-8100Y搭載の上位モデルは、↓になります。

これで、GPD P2 Max、OneMix3、Chuwi MiniBookの3モデルが2019年後半のUMPC主要プレーヤーとなることが確実です。

いよいよ主戦場が8インチクラスに移ってきたUMPC市場から、ますます目が離せなくなります。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル