新型ゲーミングUMPC「GPD WIN MAX」8.4万円でクラウドファンディング開始

下記でお伝えしてきた、GPD社の新型ゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)「GPD WIN MAX」が、Indiegogoでクラウドファンディングを開始しました。

下記でお伝えしてきたGPD社の新型ゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)である「GPD Win Max」が、GPD社の公式サイト上で正式...
多数のUMPC(超小型ノートパソコン)をリリースしてきたGPD社が、まもなくクラウドファンディングをスタートさせる予定の、新型ゲーミングUM...

すでに1,000名以上から、フレキシブル目標の3,000%を超える8,000万円以上の出資が集まっています。

価格は、現在は83,422円で、想定小売価格よりも11%安いものになっています。

スペックを再確認しましょう。

下記の通り、8インチで第10世代GシリーズのCore i5を搭載しています。

  • ディスプレイ:8インチ(1280×800)10点マルチタッチ
  • CPU:Intel Core™ i5-1035G7
  • GPU:lntel® Iris® Plus Graphics 940
  • RAM:16GB LPDDR4X 3733
  • ストレージ:512GB M.2 SSD
  • OS:Windows10 Home
  • ワイヤレスネットワーク:Wi-Fi 6
  • Bluetooth:5.0
  • インターフェース:Thunderbolt 3、USB Type-C 3.1 Gen2、USB Type-A 3.1 Gen1 x2、microSDXCスロット、HDMI 2.0b、RJ45
  • バッテリー:57Wh, 11.4V 5,000mAh x3
  • 廃熱:デュアルファン・デュアル廃熱パイプ
  • サイズ:207×145×26mm
  • 重量:790g

Thunderbolt 3、Wi-Fi6など、ハイスペックなハードウェア構成ですが、8インチで790gと重量は結構あります。

もはやUMPCと一般のノートパソコンの境界ギリギリのところです。

↓の写真を見ても、その大きさが分かります。

筐体ですが、クラムシェルタイプでGPD Win2を彷彿とさせるブラックのNintendoDSタイプです。↓

底面と背面には、ゲーミングPCらしく大きな廃熱穴があります。

ポート類は、上部にまとめられています。

↓のように、R1/R2、L1/L2というゲームパッドおなじみのボタンのほか、USB Type-A、USB Type-C(1つはThunderbolt 3)、HDMIと拡張性は豊富です。

USBはいずれも3.1対応で、かなりのモリモリスペックです。

メイン部は、↓のようにゲームパッドと、それに挟まれるようにタッチパッドがついているというユニークなものです。

また、MicroSDカードスロット、有線LANポート(RJ45)などが側面に並びます。

付属のチャージャーは65Wと高出力で、↓のようにSurface Pro 7のチャージャーと比較していますがとてもコンパクトですね。

出荷は7月を予定しています。

というわけでいよいよ登場したゲーミングUMPC「GPD WIN MAX」

こちらもまもなく登場予定のライバルのOneGxとともに、2020年のUMPC界を盛り上げてくれそうです。

UMPC(超小型ノートパソコン)のOneMixシリーズを展開するOne-Netbook社がまもなく発売するゲーミングUMPC「OneGx1」...

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

コメント

  1. ななしん より:

    GPD、以前に買ったけど、すぐぶっ壊れて修理窓口も保証もないし……
    もう買わないです。