20,000mAhで60Wなのに手のひらサイズのモバイルバッテリー「SMARTCOBY 20000」レビュー!

今回は、世界最小級20,000mAhモバイルバッテリーとしてクラウドファンディングを実施していた「SMARTCOBY 2000mAh」の一般販売が開始されましたので先行レビューです。

20,000mAhですと、iPhone11が4回フル充電出来るという驚きの大容量。

それでいて↓のようにコンパクトサイズです。

アマゾン、楽天、Yahoo!ショッピングで、↓のように7,600円ほどで販売されています。

実は同じSMARTCOBY 20000で、18w版というのもあります。お値段は↓のように4,300円ほどと安くなっています。

スマホやイヤホンの充電だけでしたら、18wでも大丈夫でしょう。ただ、MacBook Proなど、ノートパソコンや大型のタブレットにも使いたい場合は、今回の60w版をオススメします。

パッケージは↓のようにシンプルデザイン。株式会社CIOという日本の会社が販売していますので、マニュアルや保証を含めてちゃんとしていますよ。

同梱物は下記の通り。モバイルバッテリー本体のほか、携行用ポーチ、USB Type-A to Cケーブル、そしてマニュアルです。

モバイルバッテリーなので使い方に迷うことは少ないと思いますが、ユーザーマニュアルには使い方や注意点が丁寧に書かれています。

まず驚きなのが、20,000mAhという大容量と、最大60wという高出力。もちろん、QC3.0、USB PD3.0という最新の急速充電規格にも対応しています。

手のひらサイズの本体は、一般的なスマホよりも一回り小さいくらいです。

重量は実測で約354g。20,000mAhなので軽くはありません。

対応出力は、本体裏面にも細かく記載があります。

ポートは、USB Type-C、microUSB、USB Type-A x2です。モバイルバッテリーの充電(蓄電)には、microUSBもしくはUSB Type-Cポートを用います。出力はUSB Type-A、もしくはUSB Type-Cから行います。

本体側面には、ボタンがついています。

ボタンを押すと、↓のように残容量が1%区切りで表示されますよ。一般的なモバイルバッテリーでは、ざっくりとした3段階表示などが多いので、1%単位まで表示してくれるのは嬉しいです。

iPhoneSE第2世代と大きさを比較したところ。表面積は同じくらいですね。厚みはもちろん本機の方があります。

もう一つの特徴が、パススルーという充電方法に対応していることです。↓のように、モバイルバッテリーを充電しながら、同時にモバイルバッテリーから機器を充電することが出来ます。これは、実際の利用シーンで大変便利な特徴です。

高出力で大容量なので、外出先で、MacBook Proからスマホまでマシンを選ばずに充電することが出来ます。

20,000mAhの大容量、さらに一通りの急速充電規格もサポートしています。

サイズもコンパクトで、持ち運び用の多目的バッテリーとして優秀です。

「SMARTCOBY 20000 60w」は、アマゾン、楽天、Yahoo!ショッピングで、↓のように7,600円ほどで販売されています。

18w版は↓のように4,300円ほどと安くなっています。

大容量でコンパクトなモバイルバッテリーをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!