Androidゲーム機「Retroid Pocket 3」1万円台で登場【UNISOC T310搭載】

シェアする

Android 11搭載の携帯型ゲーム機「Retroid Pocket 3」が登場しました。

現在、119ドル(約16,000円)~で予約受付中で、出荷は8月20日の予定。

前モデルからいくつかアップデートがあります。

まずSoCについては、Cortex A75 x1とA55 x3のクアッドコアであるUNISOC T310を採用。1万円台の廉価タブレットによく採用されるチップセットです。

ディスプレイは4.7インチ(1334×750)タッチ対応で、リフレッシュレートは60Hz。2GBまたは3GBのLPDDR4 RAMと、32GB eMMCストレージ。microSDカードスロットも搭載しています。

バッテリー容量は4,000mAhで、2wステレオスピーカー搭載。通信はWi-Fi5とBluetooth 5.0に対応し、サイズは184.7×81.4×24.2mmで重量230g。小型軽量です。

このままだとただのローエンドなAndroid機ですが、本機はゲームパッドを搭載しており、携帯してゲームをプレイするのに最適化されています。

Android用のゲームはもちろんのこと、エミュレータを稼働させたり、XboxやGeForceのクラウドゲームストリーミングサービスの利用にも。

カラーはブラック・ホワイト・オレンジ・インディゴの4色をベースとし、「レトロ」と「16 Bit」というレトロゲーム機を連想させるデザインのものも用意。

予約はこちらの公式サイトからで、日本への発送にも対応。

2GB/32GB版が119ドル(約16,000円)、3GB/32GB版が129ドル(約17,500円)となっています。

重めのAndroidゲームをプレイするために、もうちょっとスペックが高いものが欲しければ、↓のGPD XP Plusあたりがよいかもしれません。

下記でレビューしたGPD XP Plusは、Helio G95を搭載した6.8インチ筐体のAndroidゲーム機でした。 この...

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!