Xiaoxin Pad Pro 2022登場!120Hz画面で68w充電、チップは2種類に

シェアする

レノボから新型の11.2インチAndroidタブレット「Xiaoxin Pad Pro 2022」が中国で発売されました。

↓でレビューしたXiaoxin Pad Pro 2021からバッテリー容量など一部スペックはダウン。ディスプレイサイズも11.5インチから11.2インチに小さくなっています。

今回は、Androidの最新ハイスペックタブレット2機種を比較します。 レノボのXiaoXin Pad Pro 2021と、シャオミの...

一方、ディスプレイは120Hzリフレッシュレートに対応し、またSoCがSnapdragon 870とMediaTek Kompanio 1300Tの2種類から選べるようになっています。

スペックは、Snapdragon版とKompanio版で共通して、11.2インチ(2560×1536)有機ELディスプレイ、128GB UFS3.1ストレージ、リア13MPフロント8MPカメラ、8,200mAhバッテリー、Android 12、263.7×167.7×6.8mm筐体、重量480g。

相違点として、まずSoCはCortex A77 x4とA55 x4のクアッドコアであるSnapdragon 870とAdreno 650 GPU、もしくはCortex-A78 x4とA55 x4のクアッドであるMediaTek Kompanio 1300TとMali-G77 MC9 GPU。

RAMも両者で異なっており、Snapdragon版は8GB LPDDR5 RAM、Kompanio版は6GB LPDDR4x RAMとなっています。

充電も、Snapdragon版が68wに対応しているのに対し、Kompanio版は30wまで、またBluetoothバージョンもそれぞれ5.2と5.1で異なります。

また、Snapdragon版は指紋認証と顔認証に対応していますが、Kompanio版は顔認証のみ。

価格はSnapdragon版が2,499人民元(約5万円)に対し、Kompanio版は2,199人民元(約4.4万円)です。

Kompanio 1300TはMediaTekが昨年発表したタブレット向けのフラッグシップSoC。ベンチマークスコアは、Antutu 8で70万ほどとSnapdragon 870と近くなっていますが、シングルコア性能は勝ります。

体感性能というよりは、指紋認証と充電スピードで5千円多く払うかどうかという選択ですね。

カラバリは下記3色。

ほか、前モデル同様に、4,096段階筆圧検知ペンとマグネット着脱式キーボードケースがオプションで購入出来ます。

2021年版からの改善のポイントですが、処理性能の向上ではなく、リフレッシュレートや充電スピードなど、普段の使い勝手に関わる部分をマイナーバージョンアップした印象の一台。2021年版から完成度は高かったですからね。

なお、スナドラ600系を搭載したミッドレンジの無印Xiaoxin Pad 2022は一足早く発売し、↓のようにセールも実施中。

レノボの新型Androidタブレット「XiaoXin Pad 2022」が2万円台でセール中です。 ↓でレビューした前モデルはSnap...

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!