シャオミのAndroidプロジェクタにオートフォーカス対応新モデル登場【Wanbo T4】

シェアする

↓でレビューしたWanboプロジェクターは、シャオミがWanboブランドで投入しているコンパクトな家庭用プロジェクター。

今回は、シャオミのコンパクトなプロジェクター「Wanbo T2MAX」をレビューしていきます。 本体は↓のように片手で持てて、1kgを...

これの次世代機であるWanbo T4が、Banggoodのこちらのページで販売開始しました。

Wi-Fi6や450ANSIルーメン、オートフォーカスに対応しています。

従来機は上面にマニュアルでフォーカスを調整するダイヤルが付いていましたが、このT4では↓のようにボタンに変わっています。

本機は127x150x185mmで1.2kgのサイズ。親しみやすいデザインが特徴です。

Android 9.0を搭載しているため、NetflixやYouTubeなどのアプリで母艦不要で動画を視聴できます。

解像度は1920×1080で450ANSIルーメン、最大コントラスト10000:1の4インチプロジェクタ搭載。フォーカスと台形補正は自動で、最大100インチの投影サイズ。

SoCにはMediaTek MT9269を搭載。Cortex A53のクアッドコアです。ほか1GB DDR4 RAMと16GB eMMCストレージ。接続はWi-Fi6とBluetooth 5.0。

ポート類は、USB3.0 Type-A、3.5mmイヤホンジャック、HDMIなど。

3wのデュアルスピーカーを搭載しています。リモコン付属。

購入するのは、もうちょっと価格がこなれてきてから(2万円前後まで)が良いでしょう。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!