バットマンとスター・ウォーズのファンは急いで浅草橋の吉徳人形に行くべきです【驚きのクオリティ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 84

今回は、アキバから歩いてすぐの浅草橋にある人形メーカーの老舗「吉徳人形」です!

鎧兜の五月人形がメインで展示されており、とにかくクオリティが高く、一言でいえばどれも「最高にかっこいい」です。

店内には、真田幸村や上杉謙信などのリアルな甲冑の五月人形がいくつも並べられており、つい見入ってしまうほど細かく、本格的な作りになっています。

五月人形としてはもちろんのこと、部屋の高級インテリアにも、外国人観光客にとっては自国へのお土産にも最適です。

さてこの吉徳人形で、現在興味深いものが展示されています。

それが、

バットマンとダースベイダーの甲冑、および武者人形

です!

早速見ていきましょう。

凄まじいまでのクオリティ

まずは↓を見て下さい。

「蝙蝠侠鎧飾り」つまり「バット(蝙蝠)マン(侠)」の鎧飾りです!

このダークヒーロー感、どことなく悲しみを秘めた佇まいがたまりません。

そしてバットマンは、↓もあります!

こちらは、「蝙蝠侠武者人形」

つまり、バットマンの武者人形です!

甲冑が、どことなく織田信長のイメージに近いと思うのは私だけでしょうか。

ダースベイダーもあります

つづいてはこちら↓

「暗黒卿武者人形」です!

そうです、なんとなく分かると思いますが、暗黒卿=ダースベイダーです!

こちらはその名に違わず、完全に悪の頭領といった風貌。

ダースベイダーも、バリエーションがあります。

↓は、兜床飾り。これだけのクオリティで19万円はまったく高く感じません。

↓は、同じく暗黒卿の鎧床飾り。

凄まじいまでの悪の迫力です。

お値段は、↓にあるとおり34万円です。

また、「白い兵士」こと「ストーム・トルーパー」もこっそりいました!↓

おわりに

いかがでしたか?

武者人形の伝統技術を使って、現代のキャラクターがまたひと味違った魅力を与えられています。

お土産としてでも、自宅のインテリアとしても、スター・ウォーズかバットマンのファンは、購入を検討すべきとしか言いようがありませんね!

アキバ散策の際には、少し足を伸ばして吉徳人形を訪れてみてはいかがでしょうか。

おわり