まもなく今年もっとも安くパソコンが買える1週間が到来【セールまとめ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 218

まもなく、今年一番、どころかここ数年で一番、「パソコンを安く買える」一週間が到来しますよ!

厳密にはパソコンだけではありません。

ただ、パソコンは単価が高くお得さが増しますし、デイリーガジェットは、パソコンやスマホ、ガジェット類を取り上げることが多いので、パソコンに的を絞ってお伝えします。

なぜ「今年一番安く買える」か?

理由は、以下の三つです。

  1. 消費増税前セールが乱立
  2. 決算前セールが乱立
  3. クレジットカードのキャッシュバックキャンペーンが盛り上がっている

これら3つの要素が組み合わさるのが、まさにこの2019年9月末なのです。

9月末というのは、増税前であり、かつ3末決算企業の半期決算タイミングであり、かつ昨今はクレジットカード会社のキャッシュバックキャンペーンが盛り上がっています。

まさに「ゴールデンクロス」のタイミングなのです!

パソコンやタブレット、ガジェット類を検討しているのであれば、この「2019年9月末」を逃す手はありません。

というわけで、上記3つについて、代表的なものをまとめていきます。

1.消費増税前セールが乱立

10月1日から、消費税率が8%から10%に上がります。

20万円ですと4,000円のアップです。

というわけで、消費増税前に、多くのパソコンメーカーや販売店が、増税前セールを実施しています。

マウスコンピューター

コスパ最強PCメーカーといえばマウスです。

マウスコンピューターは、「増税前カウントダウンセール」を、9月30日まで開催しています。

↓のように、コスパが高いモデルを多数ラインナップし、数量限定で販売中です。

セールページはこちらから。

ドスパラ

ドスパラでは、↓の「消費税増税目前カウントダウンセール」を、9月30日まで開催中です。

パソコン購入+エントリーで3万円ポイントバックのほか、指定モデルの特別キャンペーンを多数用意しています。

また、中古品20%OFF、分割手数料無料など、セールは全方位に渡っています。

セール品はこちらから。

富士通

富士通は「増税前超決算セール」と銘打って、決算セールが増税前と組み合わされて更にお得になっています。

BTOで、高性能CPU選択やSSDアップグレードが最大20,000円OFF、カスタムメイドモデルクーポンで最大23%OFFなど、多数のセールを実施中です。

セール情報のページはこちらから。

ark

秋葉原のPCショップ「ark」では、正規販売のMSIやGIGABYTEなどのゲーミング系PCを含めたセール「Going Summerキャンペーン -2019-」と「GIGABYTE真夏の最大4万円引きキャンペーン」を実施中です。

「Going Summerキャンペーン -2019-」は、9月30日まで開催中で、MSIのゲーミングノートパソコンや関連商品が特価販売中です。

キャンペーンページはこちらです。

また、「GIGABYTE真夏の最大4万円引きキャンペーン」では、ゲーミングやクリエイター向けのノートパソコンが、最大4万円引きになります。

キャンペーンページはこちらです。

2.決算前セールが乱立

続いては決算前セールです。

多くの企業は3末決算のため、9末には半期決算を迎えます。

それに合わせて、半期決算セールが多数開催されています。

NEC

NECが運営するパソコンのBTO ECサイトである「LAVIE NEC Direct」では、10月1日まで「増税前半期決算SALEファイナル」が開催されています。

富士通のセールとよく似ています。

CPUやRAM、ストレージのアップグレードで、数千円〜数万円の値引きが実施されています。

また、買取増額キャンペーンなどもあわせて開催されています。

キャンペーンページはこちらです。

VAIO

VAIOは、ソニーからスピンオフして5周年を記念し、「増税前のラストチャンス! 10,000円キャッシュバック」キャンペーンを9月30日まで実施中です。

人気のVAIO SX12など、対象商品を購入すると、もれなく10,000円のキャッシュバックがあります。

VAIOから、もはや買う以外の選択肢が思い浮かばないノートPCが発売されました。 各種メディアで話題になっているためご存じの方も多いで...

キャンペーンサイトはこちらです。

hp

hpは、9月30日まで「半期末SALE」を開催中です。

こちら、指定モデルが最大60%オフと大幅値引きで販売中です。

デスクトップやノートパソコン、モバイルノートまで、魅力的なモデルがそろっています。

キャンペーンページはこちらです。

3.クレジットカードのキャッシュバックキャンペーン

さて、ただでさえ決算前や増税前セールで安くなっているパソコンに対して、とどめの一発としてクレジットカード会社のキャッシュバックキャンペーンを組み合わせましょう。

どのクレジットカードかといえば、現金で一回最大1万円、合計10万円までキャッシュバックされるイオンカード一択です。

↓の記事から、当該キャンペーンの説明部分を抜粋します。

今年話題になった決済キャンペーンといえば、QRコード決済サービスのPayPayが実施した「100億円キャンペーン」でしょう。 その後、...

こちら、5万円までの一回の買い物で20%キャッシュバックされます。

つまり、5万円購入すれば1万円が戻ってきます。しかも、ポイントではなく、現金で振り込まれます。

キャッシュバック合計は10万円ですので、1回5万円、合計50万円までの買い物で20%が戻ってくるということになります。

条件は、イオンマークのカードに新規入会し、イオンウォレットでキャンペーンに応募し、引き落とし口座をイオン銀行に設定することです。

面倒なように感じますが、キャンペーンサイトから申し込めば、自動で上記条件を満たしたカードが送られてきます。

送られてきたら、イオンウォレットアプリを入れてキャンペーンに申し込むだけです。

また、このキャンペーンの対象になる買い物は、8月25日(日)〜31日(土)、9月24日(火)〜30日(月)の間に限られます。

この期間の決済が対象ですので、商品発送時の決済になる場合などは気をつけましょう。

これを利用すれば、たとえば人気のUMPC(超小型PC)であるOneMix3を上記期間に↓のAmazonで購入すれば、1万円キャッシュバックされます。

ヨドバシやビックカメラなどで購入すれば、1万円+10%ポイント還元となりますので、5万円の商品であれば合計30%が還元されることになります。

また、QRコード決済と異なり、クレジットカードなので利用できる店舗やオンラインサイトが桁違いに多いというメリットもあります。

金額や対象店舗から考えても、この夏、PCやガジェットを購入するのであれば、イオンカードのキャンペーン一択でしょう。

現在、人気のため申し込みからカード受取まで2〜3週間かかる場合もあるため、利用したい方は早めの申し込みを検討した方が良さそうです。

※イオンカードのキャンペーンは、個人間売買・電子マネー・各種プリペイドカードへのチャージ・ギフトカード・金融取引・携帯電話料金・各種公共料金・各種保険料・その他(各種手数料・月会費・イオンカードde家賃・キャッシングご利用分・切手・はがき・その他)などは対象になりませんのでご注意ください。

また、こちらにあるように、みずほも実店舗限定ですがデビットカード+QuickPayで20%キャッシュバックを開始したようです。

おわりに

というわけで、以上でご説明した下記3つを組み合わせることで、この9月末はPC購入にとって最大のチャンスが到来します。

  1. 消費増税前セールが乱立
  2. 決算前セールが乱立
  3. クレジットカードのキャッシュバックキャンペーンが盛り上がっている

パソコンを検討している方は、このチャンスにぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする