ストレージを倍増した廉価版のGPD Pocket2が登場

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60

GPD社の著名なUMPC(超小型ノートパソコン)であるGPD Pocket2。

7インチサイズでポケットに入るモデルです。

そこに、廉価版のマイナーチェンジモデルが発売されました。

現行の廉価版モデルであるGPD Pocket2 Amber Blackと同様にCPUはCeleron-3965Y、8GB RAMを搭載していますが、ストレージが128GBから、倍の256GB eMMCとなり、カラーもAmber Blackに加えてシルバーも追加になっています。

また、発熱やバッテリー駆動時間も改善されているようです。

すでに、GPDのオフィシャルサイトで販売開始されています。

540ドル(約57,000円)で、日本へも出荷可能です。

既存モデルおさらい

ラインナップが複雑になってきたので、簡単におさらいします。

GPD Pocketシリーズの現行最新モデルは、3つあります。

7インチのGPD Pocket2と、その廉価版であるGPD Pocket2 Amber Black、そして8.9インチのGPD P2 Maxです。

それぞれざっとおさらいしますと、

GPD Pocket2 Amber Black(廉価モデル)

まず廉価版のGPD Pocket2 Amber Blackは、8GB RAM/128GB eMMC/Celeron 3965Yを搭載したベーシックスペックですが、価格が5万円台で、本体はガンメタリックなカラーリングです。

このモデルのストレージが倍になったマイナーアップデート版が出た、と考えれば良さそうです。

↓のアマゾンのページの先から購入できます。

GPD Pocket2(標準モデル)

無印のGPD Pocket2は、8GB RAM/128GB eMMC/Core m3-8100Yを搭載しており、Amber BlackよりもCPUが高性能です。

本体はシルバーで、価格は8万円前後です。

GPD P2 Max(大型モデル)

そしてハイエンドモデルが、8.9インチとiPad miniとほぼ同サイズの大型となるGPD P2 Maxです。

こちらは8GBもしくは16GB RAM/256GBもしくは512GB SSD/Core m3-8100YもしくはCeleron-3965Yが搭載されています。

タッチパッドが付いていることが特徴で、8GB RAM/256GB SSD/Celeronモデルが約6万円台後半です。

また、16GB RAM/512GB SSD/Core m3モデルも9万円を切ります。

UMPCの実際の使い方をヒントにしたバージョンアップ

GPD社によれば、実際のユーザーのUMPCの使い方は、ヘビー用途よりはライトに、細切れ時間に使われることが調査から判明したことが、今回のマイナーアップデートを実施した理由とのことです。

つまり、ハイエンドなCPUによる高速かつ高負荷な処理というよりは、そこまで重くない処理を、発熱やバッテリー駆動時間のストレス無く快適にできることの方が、実際のUMPCユーザーエクスペリエンス的には重要と考えたようです。

そのため、CPUはCeleronのままで、ストレージやバッテリー駆動時間などを改善したモデルを出したとのことです。

この事実は、デイリーガジェットの↓の集計結果とも整合的です。

これまでデイリーガジェットでは、7インチ〜8インチの超小型ノートPCいわゆるUMPCの最新情報をずっと取り上げてきました。 近年この分...

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル