新型携帯ゲーミングPC「AYA NEO」789ドルで本日12時クラファン開始【Ryzen搭載UMPC】

シェアする

Ryzen 5搭載の新型ゲーミングUMPC「AYA Neo」が、本日日本時間12時より、Indiegogo上でクラウドファンディングを開始します。

Indiegogoのリンクはこちら

↓のようにコントローラー一体型の、携帯ゲーム機型Windowsパソコンです。

価格は、42個限定のSuper Early Birdは500GB版(ブラック)で699ドル。

これはお祭り価格として、その後は500GB版(ブラック)が789ドル、1TB版(ブラック・ホワイト)が869ドルになります。

日本円で10万円を切るので、↓のGPD WIN3と正面から競合します。

下記でお伝えしてきた、GPD社の新型ゲーミングUMPC「GPD WIN3」のクラウドファンディングが、Indiegogoのコチラのページで1...

ほか、下記のオプション品が購入可能になります。

  • ドッキングステーション:47ドル
  • スクリーンプロテクタ:4.9ドル
  • ジョイスティックキャップ:4.9ドル
  • キャリングケース:22.9ドル
  • AYA グリップ:9.9

AYA Neoは、初のRyzen搭載UMPC(超小型ノートパソコン)。

スペックは下記の通りです。

  • CPU:AMD Ryzen 5 4500U
  • コア:6コア6スレッド
  • GPU:AMD Radeon Vega 6
  • ディスプレイ:7インチ(1280×800)5点マルチ
  • RAM:16GB DDR4-4266 LPDDR4X
  • ストレージ:512GB または 1TB PCIe NVMe M.2 2280
  • バッテリー:12,300mAh
  • ポート:USB3.0 Gen 2 Type-C(最大10Gbps)、イヤホンジャック
  • 通信:Wi-Fi6、Bluetooth 5.0
  • センサ:ジャイロスコープ、重力センサ
  • サイズ:255 x 106 x 20 mm
  • 重量:650g

バッテリー持ちや処理速度など未知な部分が多いですが、中国や一部欧米の先行レビューによれば、おおむね評価は上々の模様。

おなじみXbox型コントローラーがついていますね。↓

中国ではすでに量産機が販売されています。

Banggoodでも、こちらのページで500GB版が11万円ほどで購入可能。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!