GPD WIN Max 2021、i7-1195G7搭載で11万円で登場!

シェアする

新型のゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)である「GPD WIN Max 2021」のクラウドファンディングが開始しました。

事前情報では、いくつかのCPUが報じられていましたし、公式Twitterもツイートしていましたが、最終的には下記の通りとなりました。

  • GPD WIN Max 2021(Core i7-1195G7)109,549円
  • GPD WIN Max 2021(Ryzen 7 4800U)109,549円
  • マザーボード(Core i7-1195G7)73,367円
  • マザーボード(Ryzen 7 4800U)73,367円

クラファン価格は、けっこうコスパ高いと思います。

マザーボードというのは、現行機であるGPD WIN Maxを持っているユーザーが、中身を入れ替えて使うためのものです。イイですね!

Ryzen 7 4800Uは事前情報通りですが、Core i7は1195G7一択になりました。

1195G7は、1185や1165、1135と比べると聴き慣れない方も多いかもしれませんが、シングルコアのターボブーストが5GHzまで高められています。

プロセスは10nm、4コア8スレッド、GPUにIris Xeという点はかわりません。

Ryzenの方はRadeon Vega 8です。

その他のスペックは下記の通り。

  • ディスプレイ:8インチ(1280×800)
  • TDP:20/25/28w
  • RAM:16GB LPDDR4-4266
  • ストレージ:1TB M.2 2280 PCIe NVMe SSD
  • ポート:Thunderbolt 4 x2(RyzenモデルはUSB3.2 Gen2 Type-C x2)、USB3.0 Type-A x2、HDMI2.0、有線LAN、3.5mmイヤホンジャック
  • 充電:65w USB-C
  • Wi-Fi:5
  • Bluetooth:4.2 l t
  • サイズ:207 x 145 x 26mm
  • 重量:790g

発送は、インテルモデルが9月、Ryzenモデルが10月となっています。

↓でレビューしたように、本機はゲーム機としてだけでなく、普通のノートパソコンとしてもかなり使いやすくなっています。

2020/8/10追記:ゲーミングUMPCでライバル機となるGPD Win MaxとOneGx1の比較レビューをアップしました。↓ ...

トラックパッドやキーボードが使いやすいためです。

公式では、プロダクティビティ用途にはAMDバリアントの方がオススメだとしています。

最新のTiger Lake世代になったことで、現行機では↓のようにダメだったCyberpunk 2077も問題なくプレイできます。

GPD WIN Max、最高ですよね。私は愛用しています。 GPD WIN Maxは2020年晩夏に出たばかりですが、早くも↓のGPD...

また、ゲーム機としてのみ使うことを考えているのでしたら、↓でレビューしたGPD WIN 3が良いでしょう。

届きました! 新型ゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)「GPD WIN 3」です! おなじみUMPCを多数リリースしている...

こちらはキーボードがスライド式のタッチタイプで、そのままでは仕事には使えない一方でゲーム機として使いやすくなる設計になっています。

というわけで、気になった方はチェックしてみてはいかがでしょう。

クラウドファンディングページはIndiegogoのこちらになります。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!