小型パソコンの聖地ツクモで初代GPD Pocketが50,800円セールほか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 94

アキバのツクモといえば、筆者がGPD Pocketの国内販売版を初日に購入したり、GPD PocketやGPD WinなどのGPDパソコンもいつも売られている、UMPCの聖地と言ってもいい品揃えで知られています。

本日(2018年12月23日)、小型のキーボード付きAndroid端末であるGemini PDAの国内販売が開始されました。 もともとはI...
今一番有名な超小型PC(UMPC)といえば、GPD社のGPD WinシリーズやGPD Pocketシリーズでしょう。 当デイリーガジェ...

さて、そのツクモの秋葉原本店で、いくつか興味深い展示がありましたのでレポートします。

初代GPD Pocket処分品が格安

ツクモ本店の入口横には、下記の通り魅惑のUMPCがずらりと並んでいます

GPD Pocket2、GPD Win2、Gemini PDAなど、デイリーガジェットでも何度も取り上げてきたUMPCたちが、ネットと変わらない価格で売られています。

この中で、「展示処分品」として、初代GPD Pocketがなんと50,800円で売られていました。

筆者が訪れたときは、展示こそ無いですが店員さんに聞くと、在庫はまだあるとのことでした。

初代GPD Pocketは、もちろんスペック的にはGPD Pocket2には劣りますが、Thinkpadに似たトラックポイントを搭載し、本体のコンパクトさやキーボードの打鍵感は健在。

トラックポイントや打鍵感は、GPD Pocket2よりも優れているという声も多いマシンです。

スペックをそこまで求めないライトな使い方をするコンパクトPCを持ち運びたい方には、おすすめの一台ですし、この価格は安いです。

GPD Pocket以外にも、ぜひ小型PCに興味がある方や購入したい方は、ツクモをおすすめします。

KEIAN製小型2-in-1も

また、隣には格安PCをいくつもリリースしている恵安製の10型2-in-1であるKIC102も展示・販売されています。

KEIAN製だけあって格安です。

キーボード付で30000円で購入できます。

スペックは、下記にある通りCherry TrailのCPUで、RAMは2GBもしくは4GB、ストレージは32GBです。

ベーシックなスペックで、さすがに2GBのほうはおすすめできませんが、用途限定であれば4GBモデルは人によっては使えると思います。

また、本体もキーボードとあわせて1kgを切っています。

見た目は、下記の通りチャコール系の少し明るいグレーです。

キー配列は若干クセがありつつも、キーピッチは無理がありませんのでタッチタイプ可能です。

キーを叩くと少し安っぽいプラスチック音がしますが、打鍵感は悪くありません。

ストロークも意外に深いです。

本体を閉じると下記の通り、クセのないシンプルなデザインです。

スペックにこだわらずとにかく安く使える小型PCを探している方は、検討してみてはいかがでしょうか?

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする