話題の「秋葉原最終処分場」を早速取材しました【シリーズラジオデパートのお店】


シリーズラジオデパートのお店とは

伝統的なパーツショップやジャンクショップの閉店ニュースが日々流れる秋葉原。

そんな寂しい時勢に負けず、ジャンク通り入り口にある「ラジオデパート」には、深センにも負けないディープで面白いお店がたくさん入居していて、わくわくさせられます。

パーツの知識がなくとも、レトロPCを全く知らなくても、足を踏み入れれば、つい欲しくなってしまうガジェットにいくつも出会えるはずです。

そんな「ラジオデパート」のお店を取材して、その面白さ、奥深さをお伝えし、入りにくいと思っている方の肩を少しでも押して、末永いラジオデパートの繁栄に少しでも貢献できたら、という想いでこのシリーズを始めました。

[このシリーズの記事一覧へ]


アキバの魅惑ビル、ラジオデパートのお店を取材するこの連載。

第1回目は、昨日オープンした「秋葉原最終処分場」です!

ジャンクショップ閉店のニュースばかりで寂しい世の中にあって、なんと第1回目から新規オープン店から始められるなんて最高です。

場所は、下記フロアマップの地下一階、女子トイレのマークの右下の空白のエリアです。

上記はまだ「秋葉原最終処分場」が反映されていない地図です。

下りエスカレーターを降りたらすぐ目の前に現れます。

ラジオデパートの電光掲示板には、下記の通りすでに「秋葉原最終処分場」が反映されています。

入り口はこんな感じ↓の、赤い看板です。

開店初日にて、すでに老舗ジャンクショップの風格を備えています。

そしていきなり目に飛び込んできました魅惑のPC-9801VM、PC-9821Xa。驚きの2,000円です。98って30万ぐらいするものなんですが……いつの間に。

隣には、我が青春のPC-8801mkⅡ。

こちらは15,000円です。システムディスクがあり、起動もするとのこと。そりゃ欲しいわ。

ところで、値札に書いてある「普 JUNK LEVEL 2」や「苦 JUNK LEVEL 4」などのマーク。

どういう意味だろう? と思ったら、お店に看板で案内がありました。

チラシにも同じ説明があったので、下記に掲載しておきます。

なるほど。

ということは、「喜 JUNK LEVEL 1」と「普 JUNK LEVEL 2」あたりであれば、そこまでディープな知識を持っていなくても、使えそうです。

チラシの裏には、下記のような説明が。

ノートパソコンであれば、古くても壊れていても無条件で買い取ってくれるようです。

下記のように「売約済」もさっそくありました。

TASCAM DA-30 MK IIという、デジタルオーディオテープレコーダーです。

これは「普」レベルなので、普通のジャンク品、ということでしょう。

「喜」レベルでは、下記の通り未使用品のキーボードがケース販売されていました。

こういうちょっとしたアイテムとの出会いも、ジャンクショップならではの楽しみですよね。

Macも充実していました。

PowerMacがなんと100円。 

PowerMacって、最低でも25万したんですけど……筆者も何台か使っていました。

左の方にはMacintosh Classicもありますね。

リアルに買おうかと思ったのが、98NOTEの2,000円ですね。

これは、筆者がまさに使っていたモデルです。

ケース販売は充実しており、「普」レベルの3.5インチフロッピーディスクドライブ(外付・内蔵)が300円〜。

メモリや電源ケーブル、マウスなども、解体されたマグロが部位ごとに並べられているがごとく、きれいに分けられて売られています。

おわりに

いかがでしたか?

新しいジャンクショップがオープンしたというだけでもうれしいニュースです。

それなのに、すでにここまでの充実っぷり。

今後の繁盛が約束されているようなものです。

お客さんも多く、レトロPC談義や、レアなパーツの会話であちこち盛り上がっていました。

ラジオデパートの地下一階、アツいです!

ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする