初代GPD Pocketアウトレット品が税別34,800円で販売中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 84

GPD Technology社の新型UMPC(超小型PC)であるGPD P2 Maxの国内正規版を、税別58,797円から予約販売中の、国内代理店のデントオンライン。

GPD社のUMPC(超小型PC)製品の国内正規販売を手がけるデントオンラインショップは、現在クラウドファンディングを実施中のUMPCであるG...

こちらで、初代GPD Pocketのアウトレット品が、税別34,800円で販売中です。

デントオンラインショップのアウトレット品の定義は、下記とのことです。

①外装に小さな傷が見られる品
②軽度の箱潰れ・破れが見られる品
③メーカー整備済品

また、原則返品・返金対象外ですが、到着から180日間の保証があります。

初代GPD Pocketのスペックは下記の通り。

  • CPU:Atom x7-Z8750(Cherry Trail)
  • ディスプレイ:7 インチ (1920×1200)
  • RAM:8GB LPDDR3 PC3-12800
  • ストレージ:eMMC 128GB
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • 駆動時間:12時間
  • インターフェース:microHDMIx1、USB3.1 Gen1(USB3.0) Type-Ax1/Type-Cx1
  • 重量:0.48 kg
  • サイズ:180×18.5×106 mm
  • カラー:シルバー

初代は、CPUこそAtomですが、RAMやストレージは充実しています。

また、GPD P2 MaxからiPad mini同等の8.9インチに大型化したのに対し、本機は7インチとまさにポケットに入るサイズです。

GPD Pocket2から廃止されましたが、ThinkPad風のトラックポイントが搭載されている点もポイントです。

GPD Pocket2の光学式ポインティングデバイスは使い勝手に賛否ありますが、本機のトラックポイントは、ThinkPadを使ったことのあるユーザーであればすんなり受け入れられる使いやすいものです。

このように、CPUでは劣っていても、優れたポイントもいくつもある初代ですので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする