Ryzen 5搭載の新型ゲーミングUMPC「AYA Neo」スペックと筐体が明らかに

何度かお伝えしてきた新型の超小型携帯型ゲーム機タイプのWindows PC「AYA Neo」ですが、スペックが公表されました。

↓のようにゲームコントローラーがついた完全ゲーム機型筐体で、CPUにRyzen 5を採用している点がユニークです。

まもなくクラウドファンディングが開始される↓のGPD WIN3のようなスライド式キーボードはついていません。

下記でお伝えしてきた、GPD社の新型ゲーミングUMPC「GPD WIN3」のクラウドファンディングが、Indiegogoのコチラのページで1...

また、中国以外の、日本を含むグローバルでの展開については正式発表されていません。

AYA Neoスペック

さっそくですがスペックは下記の通り。

  • CPU:AMD Ryzen 5-4500U
  • GPU:AMD VEGA6
  • RAM:16GB LPDDR4-4266MHz
  • ストレージ:500GB/1TB M.2 2280 SSD
  • ディスプレイ:7インチ(1280×800)IPS(5点マルチタッチ)
  • バッテリー:4,100mAh x3
  • Wi-Fi6対応
  • Bluetooth 5.0
  • サイズ:255 x 106 x 20mm
  • 重量:650g

↓の65wチャージャーが付属しています。

Switchとほぼ同サイズの筐体

筐体を見ていきましょう。

まずサイズ感ですが、↓のようにSwitchとほぼ同サイズです。SwitchはあらゆるゲーミングUMPCの原型になっており、その先進性に改めて驚かされます。

本体は左右にゲームパッドがついて、真ん中に7インチディスプレイがついています。↓

背面は↓のとおり。排気穴とバッテリーが見えます。スケルトンボディですね。

コントローラーですが、左側がジョイスティックと方向キー。それ以外に4つのキーがついていますが詳細は不明。

右側にもジョイスティック、ABXYキー、そして4キーです。これ以外に、L1/R1キーが肩部についています。

上部には、電源、音量ボタン、イヤホンジャックのほか、USB Type-Cが2つ。

底部にはスピーカーのほか、USB Type-Cがもう1個おそらく充電用のものがついています。↓

2021はゲーミングUMPCがたくさん登場しそう

↓にまとめてありますが、GPDとOne-Netbookの両者がそれぞれTiger Lake搭載のゲーミングUMPCを発売するほか、

2021/1/10:LAVIE MINIとAYA NEOを追記 -- 2010年代後半から、深圳系メーカー中...

↓で報じたとおりNEC PC(レノボ)が8インチゲーミングUMPCのコンセプト機をCESで発表しています。

NECパーソナルコンピュータ株式会社が1月7日、同日開催中のAll-Digital CES 2021のレノボバーチャル出展において、ゲーム機...

このAYA Neoは、この中で唯一のAMD搭載機です。

いずれにせよ2021年は、ゲーミングUMPCが盛り上がりそうなことは確かですね!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!