Ankerから3ポート120wの新チャージャーAnker 737間もなく登場

シェアする

Ankerから、新型のUSBチャージャー「Anker 737 Charger」(GaNPrime 120W)がまもなく8月27日に販売開始します。

アマゾンのこちらのページで予約受付していましたが現在完売。定価税込12,990円となっています。

↓のように昨今増えてきた縦長タイプで、USB-Cが2ポートとUSB-Aが1ポートの計3ポート搭載です。

最大出力120wという大出力が特徴。

さらに本体は、MacBookの96wチャージャーと比べて4割ほど小型化しているとのこと。サイズは約80 x 43 x 32mmで、重量約187gとなっています。スマホくらいの重さ。

最大出力120wで、かつ3ポート同時に急速充電できることが特徴。複数機器に出力を最適配分するPowerIQは120wに対応するべく4.0にバージョンアップ。

出力ですが、まず3ポートを同時に利用した場合は、合計で最大120wになります。(120wまで出るかどうかは、充電する機器側のキャパシティによります)

つづいて2ポートを使った場合は、USB-Cを2つ使った場合は120w、またUSB-Cの1とUSB-Aを使った場合も120wですが、USB-Cの2とUSB-Aの場合は24wになります。

単ポートの場合、USB-Cは最大100w、USB-Aは22.5wです。

GaN(窒化ガリウム)採用のチャージャーは日進月歩。

ついこの間までは、100wのポータブルチャージャーが出てすごいと言っていましたが、いつの間にか3ポート搭載で120wまで強まりました。

ただ、180gを超えるため、気軽に持ち運ぶためのチャージャーとしてはまだ重いかもしれませんね。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!