Ryzen 7 7840UのLinux搭載ポータブルゲーミングPC登場!【Orange Pi Neo】

シェアする

Orange PiはRaspberry Piのようなシングルボードコンピューターを多数リリースしているメーカーですが、同社から初のポータブルゲーミングPCが発表されました。

他の多くのポータブルゲーミングPC同様にRyzen 7 7840Uを搭載したハイパフォーマンスなモデルですが、OSはLinuxを稼働させ、↓のように左右タッチパッドもついたユニークなモデルとなっています。

スペックはRyzen 7 7840Uのほか、7インチ(1920×1200)ディスプレイ、120Hzリフレッシュレート、500ニト、16GB/32GB LPDDR5-7500 RAM、512GB〜2TB PCIe4.0 NVMe M.2 2280 SSD、50Whバッテリーとなっています。

OSはManjaro Linuxで、通信はWi-Fi6EとBluetooth 5.3、ほか1wのステレオスピーカーを搭載しています。

カラバリは↓のブラックとホワイト。

ポート類は、USB4.0 Type-C x2のほか、3.5mmイヤホンジャックとmicroSDカードスロット。本体サイズは259x107x19.9mmとなっています。

スペック構成からWindowsも稼働させられる可能性が高そうです。

Linux搭載ポータブルゲーミングPCといえばSteam Deckが有名ですが、同機と同様にSteamのゲームや、Protonを介してWindowsゲームも直接実行可能です。

価格と発売時期は未定ながら、一般的なRyzen 7 7840U搭載WindowsポータブルゲーミングPCよりは割安になるでしょう。

非常に楽しみな一台となっています。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!