面白いコンセプトのホビーショップ「ジャングル秋葉原1.5」を取材しました!【2年間だけのお店/”Jan-gle”でなく”JUNGLE”のほう】

いつものようにアキバのジャンク通りを歩いていると、変わった看板が目にとまりました。

「週刊少年ジャンプか?」と思いましたが、「ジャングル」と書いてあります。

ん? ジャングル?

アキバの「ジャングル」は二系列あるので整理します

アキバには、実は「ジャングル」という名のお店が二系列あります。

しかもそのいずれも、アキバ以外にも全国展開しているため、ややこしいことになっています。

英語名でいうと、「JUNGLE」と「Jan-gle」です。

資本関係があるのかどうかは不明なのですが、「JUNGLE」のほうはフィギュアやトイ、「Jan-gle」のほうはガジェットやスマホと、異なります。

しかも看板のカラーリングが、どちらも青系なので余計混乱してしまいます笑

ちなみに、下記で取り上げている「ジャングル」は、ガジェット・スマホのほうの「Jan-gle」です。

シリーズ色んな街の電気街・オタク街とは アキバを愛してやまないデイリーガジェット。 めくるめく電気街・オタク街である秋葉原の魅力は、常...
シリーズ色んな街の電気街・オタク街とは アキバを愛してやまないデイリーガジェット。 めくるめく電気街・オタク街である秋葉原の魅力は、常...
皆さんは、終電後の秋葉原に行ったことがありますか? 秋葉原はご存じ繁華街ですので、住宅街の駅とは異なり、夜と昼の人の多さがまったく違い...

上に書いたとおり、「ジャングル(Jan-gle)秋葉原本店」は閉店し、さらに札幌店も休業していました。

今回の取材で「ジャングル(JUNGLE)1号店」店長さんに

「本店が閉店して、札幌も休業で残念ですねえ。好きなお店なのに」

と言ったら

「え!? そうなんですか? ええ!? えええええ!?!?

みたいにおっしゃっていました。(「JUNGLE」さんも札幌にお店があります)

大変失礼しました笑

さて、今回のジャングル(JUNGLE)1.5号店

ジャングル整理がすんだところで、今回のジャングル(JUNGLE)さんの話に戻ります。

先ほどの看板から奥に目を転じると、路地の奥に「JUNGLE1.5」という看板が!

ロケーション最高です。

こんなの、入らないわけにはいかないです。

近づくと、右手に1号店、左手に2号店とあります。

1号店はジャンク通りのさらに奥に、2号店はラジ館にあるのです。

その間だから1.5号店。

なんで3号店じゃないんだろう? と思って下を見ると、

期間限定店舗 閉店まで526日

とあります。

なるほど、期間限定なんですね。

ちなみに1号店店長さんによると、元々は倉庫的に考えていたが、立地もいいので2年間の期間限定店舗としてオープンしたとのこと。

お店のコンセプトも定期的に変えており、最初は美少女フィギュア、次にアウトレット、そして第三弾が、この少年ジャンプ系作品のアイテムとのこと。

中をのぞくと、魅力的な雰囲気が。

さっそく入ってみましょう!

店内の様子

最初に目に飛び込んできたショーケースには、ワンピースなどジャンプ作品のフィギュアが所狭しと並んでいます。

ジャンプがコンセプトなので、ワンピースのフィギュアはとても豊富です。

NARUTOもこの通り。

それぞれの商品には、「商品ランク」が付けられています。

新品、未開封、A:中古良品、B:中古開封品、C:中古ジャンク品

の5ランクあるようです。

当然のごとく、ドラゴンボールのアイテムも非常に豊富です。

かっこいい!

ジャンプはそれだけじゃありませんよ〜。

聖闘士星矢もかなりの面積を占めております!

「君は小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか!!」

フィギュアだけでなく、キーホルダーやガシャポングッズも豊富にあります。

でたー!!

キン肉マンのステッカーです!

店内を見まわりながら、懐かしい気持ちでわくわくしてしまいます。

しかも、お店の雰囲気がいいんです。

普通の民家みたいな内観で、そこにジャンプ系フィギュアがたくさんあって、不思議と落ち着く雰囲気です。

お店を出ると、小路の先にジャンク通りの喧噪が待っていました。

おわりに

いかがでしたか?

2年間だけのお店で、定期的にコンセプトも変わるとのことで、何度も訪れてみたくなりますね。

すぐ近くには、巨艦店の「ジャングル(JUNGLE)1号店」もあります。

そちらは圧巻の品揃えです。

この1.5号店は、お店の雰囲気も素敵なので、ぜひ頼ってみてはいかがでしょう。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする