本物のレトロゲームが遊べるアーケード筐体風ゲーム機「TINY ARCADE」【ディグダグ、パックマンほか】

レトロゲームが人気ですが、「TINY ARCADE」というシリーズは、手のひらサイズで1台につき1タイトルのレトロゲームが収録された、アーケード筐体風デザインのゲーム機です。

だいたい2,000円前後で販売されており、現在では下記のようなタイトルがリリースされており、随時追加されていっています。

  • ギャラガ
  • ギャラクシアン
  • スぺースインベーダー
  • ディグダグ
  • パックマン
  • フロッガー

以前同じようにアーケード筐体風のゲーム機を下記でご紹介しました。

アキバ・ジャンク通りにある「あきばお~零」で、すごく面白いガジェットを入手しましたのでレビューです。 その名も「懐かしのフォルム! 1...

ただ上記はオリジナルのミニゲームが100以上入っており、厳密には「レトロゲーム」ではありませんでした。

あくまで「レトロゲーム風」でした。

ただ、この「TINY ARCADE」は、正真正銘のレトロゲームを遊ぶことができます。

早速見ていきましょう。

まず筐体サイズですが、↓のように本当に手のひらサイズです。

ジョイスティックとボタンが2つついていますが、もちろん稼働します。

単4電池3本で稼働します。↓

このあたりはバッテリー駆動にしてほしかったですね。

また、電池ボックスの下には、スライド式の電源スイッチがあります。

起動すると、↓のように懐かしの「ディグダグ」が遊べます。

電源を入れてしばらく放置すると、デモモードになり、遊び方が分かります。

ディグダグの遊び方を忘れた方は、一度でもモードを見てみるのもよいかもしれませんね。

ボタンは、ちゃんと遊ぶにはかなり厳しい小ささです。

本体には↓のようにキーホルダーが付いていますので、ガチでゲームをやりこむというよりは、レトロなアーケード筐体デザインのキーホルダー、アクセサリーとして楽しむのが現実的かもしれません。

ただ、ゲームは完全版が入っていますので、もちろんガチでやりこむことも可能です。

デイリーガジェットのYouTubeチャンネルでも紹介していますので、ぜひご覧下さい。↓

手のひらサイズでレトロゲームが遊べるアーケード筐体風ゲーム機「TINY ARCADE(ディグダグ)」レビュー

購入は、↓のAmazonのほか、ドンキホーテなどでも売られています。

上記Amazonのページでは、欲しいゲームのタイトルを選択することができます。

ゲームによって価格が違うのが面白いですね。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする