8.9インチの新型UMPCのMAG1が69,788円で10/10に販売開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60

下記でお伝えしてきたMagic-Ben社の8.9インチUMPC(超小型ノートパソコン)の「MAG1」。

本日、↓の新型7.0インチUMPC(超小型ノートパソコン)が登場したことをお伝えしました。 上記は、OneMix1Sとほぼ同じ...
先日、下記でご紹介した新型の8.9インチUMPC(超小型ノートパソコン)の「MAG1」ですが、公式サイトがオープンしました。 (販売サ...

こちら、Geekbuyingで10月10日より、販売開始されます。日本へも発送可能です。

国慶節が明けたら販売スタートだ!という流れですね。

価格は、Core m3/8GB RAM/256GB SSDの下位モデルが69,788円、Core m3/16GB RAM/512GB SSDの上位モデルが87,955円となっています。

下位モデルといっても、非常に高スペックですね。

製品の特徴

特徴をおさらいしておきます。

タッチパッドや指紋認証センサを搭載し、キーボード配列も8.9インチの強みを活かした癖の少ない配列になっています。

GPD P2 Maxと同様、8.9インチはiPad miniとほぼ同じサイズです。↓

スマホと比較したサイズ感です↓やはりコンパクトですね。

↓のように、ベゼルの狭さを訴求しています。

上記の記事でも書きましたが、同じく8.9インチで、スペック構成もよく似たGPD P2 Maxと比較すると、MAG1の方がディスプレイパネル占有率が高くなっています。

MAG1、GPD P2 Maxいずれも、ディスプレイは8.9インチで2.5K(2560×1600)なので、面積は約35.6平方インチになります。

そして天板の寸法は、GPD P2 Maxは下記の通り21.3 x 14.95 cmで、MAG1は20.7 x 14.65 cmです。

ここから計算すると、天板とパネルの面積比は、GPD P2 Maxが約72%、MAG1が約75%になりますので、MAG1の方がスクリーン比は高くなります。

また、拡張性については、MicroSD、USB Type-C(USB3.0)、USB Type-A(USB3.0)、Micro HDMI、3.5mmイヤホンジャックと、豊富です。

スペックは下記の通りとなります。

  • OS:Windows 10
  • CPU:Intel Core m3-8100Y
  • RAM:8GB もしくは 16GB DDR3
  • ストレージ:256GB もしくは 512GB PCI-e SSD
  • ディスプレイ:8.9インチ(2560 x 1600)IPS 10点マルチタッチ
  • アスペクト比:16:10
  • Wi-Fi:802.11a/ac/b/g/n WLAN2.4/5GHz デュアルバンド
  • Bluetooth 4.0
  • インターフェース:USB Type-C (USB 3.0) x1、USB Type-A 3.0 x1、micro HDMI、
  • 3.5mmイヤホンジャック、M.2ポート、MicroSDカードスロット
  • その他:指紋認証、USB PD(入力:100-240V-50/60Hz 0.7A 出力:5V3A,9V3A,12V2.5A,15V2A,20V1.5A)
  • バッテリー容量:8,600mAh
  • サイズ:207.2mm x 146.5mm x 17.5mm
  • 重量:690g

UMPCのさらなる充実に期待

GPDから始まったUMPCブームは、とどまるところを知りません。

ただ、日本で正規販売されているもしくは予定されているのは、GPD、OneMix、Chuwi MiniBook(Makuakeで募集中)くらいですので、この流れでMAG1も正規販売を開始して欲しいですね。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする