またまたまた新型8.9インチUMPC「MAG1」が登場!【今度はGPD P2 Max系統】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

本日、↓の新型7.0インチUMPC(超小型ノートパソコン)が登場したことをお伝えしました。

今年2019年は、UMPC(超小型ノートパソコン)が本当にたくさん登場しています。 デイリーガジェットでも、いくつかのモデルを...

上記は、OneMix1Sとほぼ同じ金型を使った7インチサイズでしたが、今度はGPD P2 Maxとよく似たコンセプト・サイズ感の8.9インチUMPCが登場しました。
(2019.9.29 MAG1を製造するMagic-Ben社からご連絡いただき、販売サイトをGeekbuyingに修正しました)

それが↓の「MAG1」です。

「MAG1」の概要

まずはスペックを見てみましょう。

  • CPU:Intel Core m3-8100Y
  • RAM:8GBもしくは16GB DDR3
  • ストレージ:256GBもしくは512GB PCIe
  • ディスプレイ:8.9インチIPS(2560×1600)
  • 通信:Wi-Fi 2.4GHz/5GHz、Bluetooth4.0
  • 拡張性:USB 3.0 Type-A、USB Type-C、MicroSDカードスロット、MicroHDMI、
  • 3.5mmイヤホンジャック
  • バッテリー容量:8,600mAh
  • OS:Windows10
  • サイズ:207.2 x 146.5 x 17.5 mm
  • 重量:約690g
  • 指紋認証搭載

スペックも、GPD P2 Maxとよく似ています。

キーボードバックライトは非搭載です。

↓から分かるとおり、タッチ対応ディスプレイを採用しています。

また、タッチパッド搭載ですが、その広さはGPD P2 Maxよりも小さいようです。

GPD P2 MaxはほぼiPad miniと同サイズでしたが、「MAG1」も同様のアピールをしています。↓

また、スマートフォンと比較しても↓のようにそのコンパクトさが分かります。

拡張性についても、↓のように必要十分なものがそろっています。

キービジュアルも、↓のようにGPD P2 Maxのものによく似ていますね笑

キーボード右上には、指紋認証も搭載されています。電源ボタンとは独立しています。↓

製品そのままのCADを使っていない可能性も高いですが、↓を見る限り、ベゼルは狭く、本体は薄めに見えます。

価格は約64,000円〜

価格は、現在2スペック版でそれぞれ下記の通りとなっています。

  • Intel Core m3-8100Y/8GB RAM/256GB:$590(約64,000円)
  • Intel Core m3-8100Y/16GB RAM/512GB:$735(約80,000円)

GPD P2 Maxが、↓のようにAmazon上の正規販売で、Celeron版が約65,000円となっています。

また、Core m3版が約86,000円となっています。↓

そのため、価格についてもよく似ていますね。

中国以外での販売は、現在未定です。

現在、中国のECサイトであるjd.comで販売中です。
(2019.9.29 MAG1を製造するMagic-Ben社からご連絡いただき、販売サイトをjd.comからgeekbuyingに修正いたしました)

2019年は、まさにUMPC祭り状態になってきました笑

もちろん、選択肢が増えることはユーザー観点では嬉しい限りですが。

また、中国メーカーが多く、各社、日本での発売が早い点も好印象ですね。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする