8.9インチ新型UMPCの「MAG1」公式プロモーション動画が公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60

下記でご紹介した、iPad miniと同サイズでハイスペックな8.9インチのUMPC(超小型ノートパソコン)であるMagic-Ben社の「MAG1」

下記でお伝えしてきたMagic-Ben社の8.9インチUMPC(超小型ノートパソコン)の「MAG1」。 こちら、Gee...

上記記事でもご紹介しましたが、すでにgeekbuyingなどで販売を開始しています。

価格は、Core m3/8GB RAM/256GB SSDの下位モデルが69,788円、Core m3/16GB RAM/512GB SSDの上位モデルが87,955円となっています。

このたび、Magic-Ben社より、「MAG1」の公式プロモーション動画をご提供いただきましたのでご紹介します。

すでにデイリーガジェットYouTubeチャンネルにもアップしております。

これまでよりも具体的に商品の特徴や見た目が分かりますよ。

プロモーション動画の内容

まず気づくのが、天板にロゴが搭載していることです↓

左側面には、USB Type-C、3.5mmイヤホンジャックがついていますね。

右側面には、USB Type-A、MicroSDカードスロット、Micro HDMIが見えます。↓

厚みについては、極薄とまではいきませんが、コンパクトな本体らしく薄いようです。

キーボード右上には、指紋認証センサーが搭載されています。↓

おなじみのサイズ比較です↓

↓を見ると、エッジが浮いて見えるので、縁にかけて薄くなっていくGPD P2 Maxに近い設計なのかもしれません。

↓こうして見ると、7インチサイズと比較するとだいぶコンパクトですよね。

↓はタッチパッドです。OneMixやChuwi MiniBookよりも大きく、GPD P2 Maxよりも小さいです。分離型の物理ボタンはなさそうですね。

また、キー配列はそこまで変則的なものはなさそうです。

スクリーンは10点マルチタッチ対応で、↓のようにベゼルは薄くなっています。

スペックおさらい

スペックをおさらいしておきましょう。

↓のように、最近主流になってきたハイスペックUMPCのスペック構成をおさえています。

  • OS:Windows 10
  • CPU:Intel Core m3-8100Y
  • RAM:8GB もしくは 16GB DDR3
  • ストレージ:256GB もしくは 512GB PCI-e SSD
  • ディスプレイ:8.9インチ(2560 x 1600)IPS 10点マルチタッチ
  • アスペクト比:16:10
  • Wi-Fi:802.11a/ac/b/g/n WLAN2.4/5GHz デュアルバンド
  • Bluetooth 4.0
  • インターフェース:USB Type-C (USB 3.0) x1、USB Type-A 3.0 x1、micro HDMI、
  • 3.5mmイヤホンジャック、M.2ポート、MicroSDカードスロット
  • その他:指紋認証、USB PD(入力:100-240V-50/60Hz 0.7A 出力:5V3A,9V3A,12V2.5A,15V2A,20V1.5A)
  • バッテリー容量:8,600mAh
  • サイズ:207.2mm x 146.5mm x 17.5mm
  • 重量:690g

冒頭にも書きましたが、価格は、Core m3/8GB RAM/256GB SSDの下位モデルが69,788円、Core m3/16GB RAM/512GB SSDの上位モデルが87,955円となっています。

構成は↓のGPD P2 Maxとよく似ています。

動画は↓のデイリーガジェットYouTubeチャンネルにアップしています。(チャンネル登録をお願いいたします!)

Magic-Ben社製8.9インチUMPC「MAG1」公式プロモーション動画

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする