Linuxデスクトップアプリも動く16,000円のLinuxスマホが登場【FirefoxもGIMPもLibreも普通に動く!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

150ドル(約16,000円)という低価格で購入できるLinuxスマホこと「PinePhone」。

モバイル利用に最適化された、PostmarketOSやUbuntu Touch、KDE Plasma Mobileなどを動作させることを想定しています。

また、このPinePhone、なんとFirefoxやGIMP、LibreOfficeのような、Linuxのデスクトップアプリケーションも動作させることができるのです。

現在、「Braveheart edition」と呼ばれる初期ロットの発送が開始されています。

そして受け取ったユーザーの一人が、↓のようにLinuxデスクトップアプリケーションが動作することを確認しています。

Running desktop applications on the PinePhone Braveheart

動画を見て分かるように、もちろんLinuxデスクトップのアプリケーションは、スマホでの利用に最適化されていません。

特にPhotoshopライクな画像編集ソフトウェアであるGIMPは、画面の広さが全く足りず、PinePhone上だけで使うのはかなり難しそうです。

オフィススイートであるLibreOfficeについては、もっとまともです。

ただ、マウスやキーボードによる操作と比べれば、少し変則的なようです。

驚きなのは、いずれのアプリケーションも、動作は結構快適だということです。

つまり、外付けのマウスやモバイルディスプレイ、キーボードなどを接続すれば、1万円台という格安で、しかもスマホでもあるLinuxパソコンを手に入れられる、とも考えられます。

PinePhoneはUSB Type-C経由での映像出力にも対応しています。

Firefoxについては、スクロールに苦労する以外は、動作はかなり実用的です。

また、Linuxっぽい点として、microSDカードによるブートにも対応します。

PinePhoneのスペックは下記の通りです。

  • CPU:Allwinner A64 クアッドコア
  • GPU:Mali 400 MP2
  • RAM:2GB LPDDR3
  • ストレージ:16GB eMMC
  • ディスプレイ:5.95インチ(1440×720)
  • アスペクト比:18:9
  • その他:MicroSDブート対応、USB Type-C充電・映像出力、3.5mmイヤホンジャック
  • WiFi:802.11 b/g/n
  • Bluetooth:4.0
  • カメラ:リア5MP/フロント2MP
  • バッテリー容量:3,000mAh

「Braveheart edition」である現在はまだ完全な製品版ではありませんが、2020年3月には、PinePhoneのファイナルバージョンが販売開始される予定です。

これはテッキーな人にはたまりませんね!

とても色々な応用が考えられそうです。

こちらから購入できます。

おわり

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。


↑デイリーガジェット動画部のケン

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする

コメント

  1. 通りすがり より:

    Ubuntu9.04搭載だったNetWalkerと比べて、メモリーもコア数も4倍と思えば、そりゃ当たり前に普通に動くだろうなぁ…価格は1/3くらいなのに