2021年に新型UMPC「GPD WIN 3」登場が明らかに

昨日、渋谷で開催された「GPD WIN MAX」製品発表会で、次世代ゲーミングUMPC「GPD WIN3」が2021年に登場することが明らかにされました。

多数のUMPC(超小型ノートパソコン)をリリースしてきたGPD Technology社の国内正規販売代理店である株式会社天空が主催の「GPD...

上記イベント中、「GPD WIN MAXはGPD WIN2の後継なのか?」という質問に答える形で、GPD Technology社のWade社長により明らかになったものです。

会場では、下記のスライドが映し出されました。

2016年に登場したGPD WIN、2018年のGPD WIN2に続き、GPD社のゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)シリーズは、GPD WIN MAXシリーズと、GPD WINシリーズに枝分かれしています。

GPD WINシリーズはポケットタイプということで、6~7インチサイズ。

GPD WIN Maxシリーズは、パフォーマンスを追求したハンドヘルドゲーミングPCという位置づけです。

GPD WIN Max 2の表示もありますが、こちらは計画段階で、まだ確定したわけではないようです。

GPDという社名はそもそも「GamePad Digital」の略ということからも分かるように、ゲーミングデバイスは同社の最重要カテゴリでもあります。

現行機のGPD WIN2は、CPUにCore m3-8100Y、6インチ(1280×720)ディスプレイ、8GB DDR3 RAM、256GB M.2 SSDストレージ、9,800mAhバッテリー、重量458gという構成で下記の通り8~9万円ほどで販売されています。

2018年の登場以来、何度かのバージョンアップを重ねた息の長いモデルです。

8インチと大型化したMaxと差別化する意味でも、6~7インチの小型サイズを維持するものと思われます。

日本語キーボード版GPD WIN Maxも!?

実はもう一つ、上記イベントで明らかになったことがあります。

それは、日本語キーボード版のGPD WIN Maxも出そうということです。

GPD WIN Maxは、18mmのキーピッチが確保され、Functionキーも独立するなどキー配列の改善が図られていますが、やはり日本語キーボード版が欲しいところ。

これについても、Wade社長は、かなり確度が高そうな言及をしていました。

こちらも楽しみに待ちたいですね!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!