Win95やMS-DOSがネイティブに動くポケットPC「Hand386」再販開始!【386sx搭載】

シェアする

↓で再販をお伝えした「Book8088」は、8088 CPUを搭載してWindows 3.0やMS-DOS 6.22がネイティブで動く小型ノートパソコンでした。

↓でお伝えしていた「Book8088」は、8088 CPUを搭載してWindows 3.0やMS-DOS 6.22がネイティブで動く小型ノー...

同じく在庫が切れていた「Hand386」はもうちょいスペックが高いレトロ機で、386sx互換プロセッサを内蔵したもの。

ラズパイでもエミュレーションでもなく、40MHzのIntel 386sx互換プロセッサを内蔵し、ネイティブでMS-DOSやWindows 3.x、Windows 95を動かせるという胸熱ポケットPCです。

この「Hand386」も在庫が復活。実際の購入レポートも複数上がっています。

AliExpressのこちらのページで3万円ほどで販売されてます。こちらも在庫は引き続き希少。

海外レビュワーにより、実際に386上でWindowsやDOOMが動くことも確認しています。

40MHz 386sx互換のM6117DプロセッサとM1217チップセット、8MBシステムメモリ、ストレージには1GBコンパクトフラッシュを利用しています。

ほか、VGA、3.5mmイヤホンジャック、USB Type-A、PS/2コネクタも搭載。基板は↓です。コンパクトフラッシュ……懐かしい。

ディスプレイは740×480ピクセルの256色カラー表示。256色あればDOSやWin95には十分でしょう。

サウンドはヤマハYMF262-M OPL3カード、バッテリー容量は2,500mAhです。

サイズは150x130x16mmとコンパクトです。

なにより↓のようにQWERTYキーボードとディスプレイをこれだけの小型筐体に詰め込み、その上でWindows 3.xや95、MS-DOSがネイティブで動くというのは胸熱すぎます。

レビューを見ても、背面に通気口を空けるのが良いとか、Win 95をWin 3.1に置き換えてAdLibドライバを入れた方が良いとか、早速細かいノウハウが出てきています。

Hand386 — A New Portable Retro Device

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!