GPD Win2がスペック強化版を追加【ストレージ、プロセッサほか】

2019年は昨年にも増して6〜8インチのUMPC(小型PC)が各社から数多く登場しています。

2019.8.14追記:「OneMix X」ほか、情報をアップデートしました。 2019.6.25追記:「OneMix3/3s...

このブームを作ったと言っても過言ではない中国深圳のGPD Technology社の6インチゲーミングUMPCが、GPD Win2です。

日本ではリンクスインターナショナルが正規販売しており、↓のようにヨドバシカメラやビックカメラ、ツクモなど家電量販大手でも店頭販売されています。

ビックカメラAKIBAは、他の巨艦点と比較すると面積はとても広いというわけではありませんが、展示が面白いお店です。 ただ、ことUMPC...

こちらのモデル、プロセッサやストレージをグレードアップしたバージョンが、15ドル(約2,000円)上乗せでまもなく登場予定です。

具体的には、下記のアップグレードが施されるようです。

  • CPU:Intel Core m3-8100Y(現行モデル:Core m3-7Y30)
  • ストレージ:256GB SSD(現行モデル:128GB)
  • microSDカードスロット改善:読み込み/書き込みスピードアップ
  • オーディオ機能改善:ボリュームアップ、ディストーション改善
  • 熱対策改善
  • 充電:5V充電のサポート

特にCPUがCore m3-8100Yになることで、近年続々と登場している競合機と遜色ないスペックになります。

なお、同社は現在、iPad miniと同サイズでタッチパッドとフルキーボードが搭載されたGPD P2 Maxをクラウドファンディング中です。

下記ですでにお伝えしていた通り、GPD P2 Maxのクラウドファンディングがスタートしました。 当初は7月の予定でしたが、O...

また、今年後半には、AMD Ryzenを搭載したゲーミングUMPCの最新機であるGPD Win Maxも登場予定です。

近頃、UMPC(小型PC)界隈が盛り上がっています。 UMPCの雄であるGPD社や、そのライバルであるOne-Netbook社、タブレ...

GPD Winシリーズが充実する2019年も、同社とこのカテゴリから目が離せませんね。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする