UMPCに最適化されたLinux「Ubuntu MATE」が登場【GPD、Falcon】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 83

著名なLinuxディストリビューションである「Ubuntu」の派生である「Ubuntu MATE 19.10」がリリースされました。

こちらは、GNOME 2ベースのMATE(マテ)と呼ばれるUIを採用している点がUbuntuと異なります。

上記スクリーンショットにあるように、Unity風やWindows風(Redmond)、Mac OS風(Cupertino)のUIが選択できます。

RedmondやCupertinoは、それぞれマイクロソフトとアップルの本社がある街の名前ですね。

Ubuntuからは、公式な派製品として認められています。

このUbuntu MATE 19.10ですが、デイリーガジェットで何度も取り上げているUMPC(超小型ノートパソコン)に最適化されたオプションが用意されており、公式も積極的な取り組みをアピールしています。

↑のように、GPD社製品(GPD Pocket, GPD Pocket2, GPD MicroPC, GPD Win2)やTopjoy Falconなどを、公式な動作端末として取り上げています。

具体的には、画面回転や、小画面・高解像度のUMPCならではのディスプレイ設定、および特殊なポインティングデバイス周りのドライバです。

↓のように、「GPD Pocket Display Scaler」として、スタートアップ設定にオプションが用意されています。

GPD MicroPCでUbuntu MATEを動作させている公式動画も↓のように公開されています。

GPD Micro PC Review with Ubuntu MATE

Ubuntu MATE 19.10のダウンロードはこちらになります。

なお、UMPCだけではありませんが、画面回転周りにはまだ既知のバグがいくつかあるようで、それらは鋭意対応中とのことです。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル